ネパールでのベストなバイク選び

日本では、言わずと知れたホンダ・ヤマハ・スズキ・カワサキなどの日本のバイクメーカー。

ネパールでも日本のメーカーはもちろんのこと、インドや中国・台湾製に欧米製のバイクも売っている。

特にメインストリームとなっているのは、日本のメーカー及びインドのメーカーのバイクだ。

ネパールの若者たちの間では、バイクは女の子にモテるためには必須アイテムの1つで、裕福層の若者は200万円以上もするイタリア製のDucatiを乗り回している人もおり、私がオンボロスクーターに乗っていると「日本人なのになんでそんなボロに乗ってるんだよw」と笑われたことも。

私の愛車「マヒンドラ」のFlyte

私のオンボロな愛車「マヒンドラ」のFlyte

大きなお世話だが、このオンボロスクーターで何度もパンクや故障を経験しながらもネパールの30%近くは制覇したのだ。我ながらよくここまで維持したものだと思うが、そろそろ新しいのが欲しくなってきた。

ネパールでは短距離の移動でも、行き交う大型車やバスの真っ黒な排気ガスを浴びて走ることになり、乾季になると土埃も多くバクタプルからカトマンズまでの20分程度の距離でさえ、明るい色の衣服はあっという間に薄汚れてしまう。なので、服を汚したくなければウインドブレーカーなどが必須だ。

ガソリンスタンドや、ペットボトルに入れたガソリンを売る店が無い道を長距離走る際には、タンクに満タンにしただけでは足りないので、ガソリンの入ったペットボトルを数本携行して走らなければならない。

また僻地で修理が必要になったこともあるし、パンクして修理したら数キロも走らないうちにまたパンクして修理店に引き返したりもしたが(路上に細くて短い鉄線やネジが落ちていることが多く、日本と比べるとパンクする頻度は非常に大きい)現地のネパールの人々が手を貸してくれたおかげで、いつも目的地に無事に到着し、大きな事故にもあわずに今日もなんとか五体満足で生きている。

夏に酷暑の南ネパールのタライ平原を走れば、まるでドライヤーの熱風を常に浴びているような状態で、格安ゲストハウスにほうほうの体で辿り着いて水シャワーで体を冷やそうとしても、ほとんどのゲストハウスでは屋上に水タンクがあり、出てくるのは太陽光と酷暑の気温で熱せられた体温よりも高いお湯だ。 そのため、満足に体も冷やせず熱中症寸前の身体から30分近くも滝のような汗がとめどなく出てきた時は、流石に命の危険を感じた。

そんな散々な目にあってきた私から、あなたがネパールでバイクやスクーターを買ったりレンタルする際に失敗しないメーカー選びを助言したい。もしあなたがネパールに移住するのであれば、バイクは必需品と言っても過言ではなく、バイクがあると世界が一気に広がることを付け加えておこう。

ネパールのような途上国でバイクでの快適な旅をするには、故障の少なさ以外にも、へき地でもどこでも簡易に修理パーツが入手できることが重要項目となる。

途中で故障して、ひいこら押してやっとの思いで辿り着いた山村に1軒しかない修理屋で「このパーツは町に行かないと無いよ」と言われたらあなたはどうするだろう?

近くの町まで、滅多に来ないバスに乗って数時間かけてパーツを探しに行かなければならないことになる。ネパール語が話せるなら、これぐらいのことは早く解決できるが、やはり余計な手間は避けたい。

行きつけの修理屋を作っておけば、何かと頼りになることも多い

行きつけの修理屋を作っておけば、何かと頼りになることも多い

ネパールでバイクを選ぶなら、お勧め順に「ホンダ」次点で、長期間ホンダと提携していたインドのメーカー「