ネパールで子供たちの写真を撮ってみよう!

ネパールの子供たちは、とてもかわいくて、フォトジェニック(写真写りが良いという意味)。

子供たちの背景にネパールの自然や建物、風景があれば更にかわいさも倍増だ。

ネパールの郊外や田舎で出会う子供たちは、あなたが日本人だとわかると「ジャパニー!」といって満面の笑顔で元気に走り寄って来ることがよくある。

「(エクルピー!)ワンルピー!」「(パーンツルピー!)ファイブルピー!」「(チョコレート!ディヌスナ!)ギブミー!チョコレート!」などと、ネパール語や英語で話しかけてくる子もいる。

ちなみにネパールでは「チョコレート」と言えば飴玉のこと(カカオを使ったチョコレートはキャドバリーと呼ぶ)であり、他にも飴玉のことを「パパ」と呼ぶこともある。

私は、そういう時は積極的にその子供たちと一緒に近くの雑貨店(駄菓子も売っている)に行き、いくつかのお菓子を買って一緒に食べながら、写真を撮らせてもらうことが多い。

日本から飴玉を持って行き、リュックやポケットに入れておいて、そういった時に「ジャパンコ・チョコレート(パパ)・ホ」(日本の飴玉だよ)と言って子供たちにあげると、大喜びされること間違いなしだ。

私はネパールでもよく駄菓子を口にするので、どんな味がネパールでは売っておらず、子供たちが喜びそうな味の日本の飴を考えてみると・・・

サクマ製菓の「いちごみるく」・パイン株式会社の「パインアメ」・ヨーグルト味、マスカットやグレープ味などのキャンディーは意外と少ない。