top of page

ネパールで死にかけた話

ネパールでの生活はサバイバルだ。

普段日本人があまり触れたり体験することのない病気や環境がてんこ盛りだ。 そんな中、私がネパールで死にかけた話をご紹介しよう。

ネパール地震後間もなく、パタンの病院に貼られていた建物のダメージと危険性について警告する張り紙

数年前、まだ停電が多かったある冬の日、電気ストーブで過ごしていた私はあまりの寒さに耐えかねて町で練炭を買ってきた。(ネパールでは木炭も売っている)

「うひひwこれで今夜は、ぬくぬくにゃんこぽりんやー!!ヽ(´ー`)ノ」と、換気もとい歓喜していた私。

もちろん、それまで体験はしたことは無いものの、知識としては一酸化炭素中毒の怖さは十分に知っていたので、窓を少しすかして部屋の中央に置いた練炭に火をつけて暖まりながら、ほかほか気分で横になった。

・・・・・・・・・・・

ふと、夜中に目が覚めた。 なんだか頭がズキズキする、強い吐き気もある、つーか頭が痛ぇ(;´Д`)!!

と、起き上がろうとしたものの、ベッドから起き上がれないし、立ち上がれない!!

なんとか這いずるようにベッドから出て、必死にドアを開け、トイレまで這うようにして向かった。

ウンゲロゲロゲロォ!!!!(;´Д`)

              州

便器の中に頭を突っ込んで思い切り吐いてから、冷たく寒いシャワールームの床でゼェゼェいいながら横になった。意識が朦朧とするが、頭もガンガンと痛い。