top of page

ネパールは日本人が移住するに適した国なのか?(地獄篇)


カトマンズにありながらも、静かなテクの一角

怒涛の経済成長中のネパール、日本との物価差は日々縮小するばかりだ。

だが、そんなネパールでも住んでみたいという奇特な方もおり、私の経験も交えて考えてみたいと思う。

*今後もネパールは中長期的に安く過ごすことが出来る国であり続けるのか?

他の記事でも既に述べているように、このままネパール国内の大きな政治的混乱や世界的な金融危機や経済危機が起こらず、インドと中国の関係が特に悪化もしなかった場合、両国に挟まれた経済圏のネパールは中国の一帯一路政策もあり、今後更なる経済発展をとげる可能性が非常に高い。

また電力事情も改善しつつあり、中国と現在工事中の鉄道で結ばれるようになれば、広大なネパール南部のタライ平原に工場が多く出来るだろうし、そうなれば工業国へと変貌する足掛かりともなる。ネパールルピーはインドルピーと連動しており、インドも絶賛経済発展中で、今後長期的なネパールルピー高になることも十分に予測することが出来る。

円安になれば、ネパールのインフレとネパールルピー高と円安のトリプルパンチが移住したあなたを襲うだろう。もし中国とインドが歴史的な融和政策を取るようになった場合、それはさらに加速する。

ネパール政府は2030年までに中所得国になることを目指しており、2030年には360万人の労働者がネパールで不足する可能性があるという予測まであるのだ。

なかなか一筋縄ではいかないだろうが、今後もネパールの経済が発展し雇用状況が好転し人手不足となれば、ネパールの人件費は飛躍的に跳ね上がるだろう。現在ですら昔からネパールで事業をしている日本人からは「人件費がものすごく高くなった」と嘆く声も聞かれ、既に現地で人を雇って製作していた一部の製品の生産をやめた人もいる。