ネパール人現地ガイドの裏話#

あなたが訪れる初めてのネパール。

特に事前にホテルを取ったり、旅行会社とは契約せずの自由な単身旅行だ。

トリブヴァン国際空港に着き、入国審査も終わり、荷物もちょっと待ったけどなんとか無事に受け取った。

あそこに見えるのは空港出口だ!やっとネパールに着いた!!

トリブヴァン国際空港の到着口

・・・すると、あなたの傍に、いつの間にか近づいてくる人々が・・・

あなたが日本人だとわかると、「タクシー?」「ホテル?」「ガイドするよ、1日100ドルね」 などと、日本語で話しかけてくることも多く、中にはネイティブレベルの日本語を話す人もいる。

空港で観光客を待ち構えている人々は、タクシードライバーやホテルの従業員やガイドだけではなく、初めて訪れたネパールで、右も左も分からないあなたの重い荷物を大事に運んでタクシーまで連れて行ってくれたり、タクシーに同乗までして親切にホテルまで案内してくれたり、ご丁寧にも、次の日の朝にホテルにガイドと一緒に来てそのガイドを紹介してくれたり、地元ツアーのある旅行会社に連れて行ってくれたりする人もいる。

実は彼らは、あなたをタクシーやホテル、ガイドや旅行会社に紹介することでコミッション(紹介料)を稼いでいる人々だ。

もちろん、空港にもガイドはいるし、観光名所のチケットカウンター手前や駐車場付近で、訪れる観光客を待っているガイドもいる。観光客がそこに近づくと、素早くガイドが必要かどうか聞いてきたり、その価格や時間などの説明をしてくるのだ。

ネパールには観光客をガイドするための、政府が許認可する公的な資格が2種類あり「ツーリストガイドライセンス」「トレッキングガイドライセンス」と呼ばれるものだ。1人で両方とも所持している人もいる。

ツーリストガイドライセンスを取得するには高いハードルが存在し、5年以上の観光分野の経験だとか、学歴は学士で、主要言語に堪能であること(近年では、観光客が増えてきた中国人や韓国人に対応するための中国語や韓国語の必要性も上がってきている、中でも中国人観光客の増加はめまぐるしいものがあり、中国語を話せるガイドは一財産を築いた人もいて、中国語の語学学校は満員御礼の状態だ)

また、文化・建築・歴史や民族に関する知識や、ネパールの観光システムについても熟知していることが求められる上に、座学などの講習も受けなくてはならない。

トレッキングガイドライセンスを取得するには、2年以上のトレッキングガイドのアシスタントか、ポーターの経験があることなど、なかなかハードなのだ。

だが、ハードルがあまりにも高いために、ガイドをしている人々の免許取得率は体感的にかなり低い。

もちろん、政府に登録し認可された大手の旅行会社やトレッキング会社に勤めているガイドたちは、ほぼ全員免許を持っておりネパール旅行で万全を期したいならば、そういった旅行会社に依頼すると良いだろう。

ガイドライセンスを持たずにガイドをしている人々は、自らの事を「(地域名)・ローカルガイド」と呼ぶ。バクタプルを中心にガイドしているなら「バクタプル・ローカルガイド」と言うわけだ。

彼らが言うには「そのエリアだけしかガイドをしていないから、ガイド免許は持ってなくてもオーケーさ」

と言うが、もちろんそんな法律があるわけでもない。

だが、こういったローカルガイドを政府は特に表立って取り締ってはいない。私の友人や知人には、そういったローカルガイドも多く、長年ガイドをしている彼らの語学スキルや話術や人的ネットワーク、裏情報には脱帽することが多々ある。