急速に豊かになっていく、ネパールの中間層


銀行内で、札束を数える人々

銀行内で、札束を数える人々

ネパールの土地価格は、近年ずっとバブル状態が続いている。

最早カトマンズ郊外ですら、私の実家のある日本の地方都市よりもかなり高く、また価格は年々上昇しており、とどまるところを知らない。

特にここ数年で数倍の価格になった土地も多く、土地を持っている農民が一気に裕福層に上り詰めたパターンもかなり多い。町の茶屋でも書類を広げて何やら話し込んでるかと思えば、土地の契約関係の書類だったりする光景を、ほぼ毎日目にするようになった。

私の友人でも、本来の仕事そっちのけで土地転がしをする人も増えてきており、結局そちらのほうが収入が多いので、本格的に土地転売を主な仕事にした人もいるぐらいだ。

実際に、私の知り合いでも何人かは土地転売で裕福になった人がいる。

カトマンズ郊外で、ボランティアをしている海外の若者が相手にしているお年寄りが、実は数千万円の土地資産持ちであるという笑えないような話も、既に現実なのである。

また、中流層以上の家庭の子供たちが先進国に留学し現地で就職したり、中流層以下の人々が、こぞって海外に出稼ぎに向かい、その国々からネパールに送られてくる外貨は膨大なものになっている。

ネパールは海外への外貨送金が規制されている為、外貨準備高はうなぎ上りだ。

ネパールの外貨準備高の推移(1980~2016年)

(出典:世界経済のネタ帳)

そのため、近年のインフレ傾向は特に激しく、実際に住んでいても溜息が出るほどだった。

だが、これほどのインフレなのに、割と庶民はあっけらかんとしている。

物価が高くなったと嘆く声を聞くことは多いが、それが大規模なデモに発達したということもない、もちろんNSU(Nepal Student Union)等の学生運動グループや政治団体が時折バンダ(道路封鎖や交通妨害をして抗議活動をすること)等はしているものの、1日前後で終わってしまい、長期間続くこともない。

これは恐らく庶民、特に中間層の経済的体力がついてきたことを意味するのだろう。

この10年ほどで、都市部近郊の村々でも、それまで昔ながらのネパールの土と竹と木で出来ていた住居に自転車が1台という標準的な中間層の人々が、コンクリートと煉瓦の2~3階建ての住居に変わり、バイクが2台、少し裕福になると自動車1台というふうな生活スタイルに急速に変化してきた。

このネパールの庶民の生活スタイルの変化速度は、体感的に日本の高度経済成長期