日本人が想像するよりも、遥かに豊かなネパールの中間層

時折、Yahoo知恵袋などで、ネパールの物価や滞在費、一生住むにはどれほどの金額が必要なのか?

などを質問している人がいる。

中には、100万円で一生暮らせますか?という質問もある。

ネパールを訪れたことのない方には、これは無理もない話だろう。

ネットで検索すれば、何より物価が安い国のベスト3にあがるのがネパールだからだ。

確かに昔は衝撃的に安かった。だが、近年の怒涛のインフレと経済成長により他でも書いた

日本の経済が長期間停滞しデフレだった間に、ネパールと日本との物価差は急速に縮小している。

物によれば、既に日本のほうが安いものもちらほらと出てき始めた。

だがそんな中、これほどのインフレをものともせずに経済成長の波に乗り、旺盛に消費を拡大させているのがネパールの中間層だ。

ネパール、特にカトマンズを初めて訪れた人は、最貧国のひとつに数えられるネパールが、イメージしていた環境とは全く違う、特に中間層の人々の豊かさに驚かされることだろう。

最早カトマンズでは1億円の資産を持っていても、上位の裕福層とは見なされることはなく、上流の下か、中流の上ぐらいの地位となる。結婚式で数十万~数百万円を軽く使う中間層の人々も増えてきており、楽隊を大勢呼んで派手に行われる結婚式を以前よりも多く見かけるようになってきた。

これが裕福層ともなれば、1千万円を超える金額を使う人もいる。

パーティパレスと呼ばれる貸しパーティー会場が、そこかしこに出来たのも、ここ10年ほどである。

バンケットと呼ばれる貸しパーティー会場、この10年で雨後の竹の子のようにあちこちにできている

パーティパレスと呼ばれる貸しパーティー会場、この10年で雨後の竹の子のようにあちこちにできている

バンケットの立派な内装

パーティパレスの立派な内装

上流層は星付きの超高級ホテルで披露宴をすることも増えてきているが、中流層はパーティパレスのパーティ会場で着飾って豪華な食事を、招待客とともに楽しむ事が多い。

バンケットで準備された豪華な食事、ほとんどのバンケットでの食事はバイキングスタイルだ