​ネパールは日本人が移住するに適した国なのか(極楽篇)


バクタプル郊外に広がる菜の花畑

ネパールは日本人が移住するに適した国なのか(地獄篇)」では、日本人がネパールに移住するに当たって直面するであろうネパールの問題点だけをあげてみたが、ここからは移住することで体験できるネパールの素晴らしい点を考えてみたい。あげればこちらもきりがないのだが・・・

*圧倒的自然

知る人ぞ知る、ヒマラヤ山脈。

バクタプルの丘から望むガネーシュヒマール

楽をしたいなら、遊覧飛行機に乗ってマウンテンフライトもいいし、命を懸けた本格的登山も出来る。

数多くのトレッキングルートがあり、5日~2週間ほど掛かるエベレスト街道やアンナプルナ周遊などのハードなトレッキング以外にも、日帰りのハイキング気分で行けるカトマンズ近郊のナガルコットやチャング・ナラヤンへのルートなど自分の体力によって選ぶことができ、よりどりみどりだ。

カトマンズからバスで半日で行くことができる、北ネパールのコダリ方面のスンコシ川やボテコシ川でダイナミックに釣りをするのもいいだろう、河原では小ぶりのビルぐらいのサイズの巨石が、ゴロゴロしているのも圧巻だ。北部に行けば行くほど、カトマンズのような水質汚濁の心配もなく、泳ぐことも可能だ。

また、そのような渓谷でのラフティングやスリル満点の吊り橋の上からのバンジージャンプに、バードウォッチングも出来る。 野鳥の宝庫と言われているネパールでは、鳥たちは北部と南部ではまた違った様相を見せ、私のようにカトマンズ郊外に住むだけでも、毎朝うるさいぐらいの鳥の鳴き声ですっきり目覚めること間違いなしだ。

また南部の広大なタライ平原でのジャングルサファリでは、象の背中に乗って野生動物の見学も出来る、インド亜大陸の地平線に沈む夕日は、日本の海辺で見る夕日とはまた違ってとても感慨深いものがある。

*民族・宗教・文化の溢れる多様性

バクタプルで行われた各民族衣装のファッションショー

ネパール北部の中国国境に位置する町「コダリ」から、ネパール南部のインド国境の町「ビルガンジ」までアルニコハイウェイ~プリトヴィーハイウェイ~トリブヴァンハイウェイをスクーターやバイクで一気に駆け降りれば、海抜2000mを超える地点から、ほぼ0mの地点まで十分な休憩時間を入れ、相当ゆっくりした行程でも、2泊3日で到達することが出来る。