ネパールで注意したい虫と動植物

ネパールの田舎は、虫と動植物の天国だ。

特に農村部を訪れる時や、ホームステイ等で田舎で住む時に、是非注意して欲しい動植物をあげてみたい。

ノミ(ウピヤン)

まず1つは私の個人的な理由で。実は私はノミアレルギー持ちであり、刺されると激しく痒く水泡になり

1ヶ月間は綺麗に治らない。どころか、数年前に噛まれた場所が小さなクレーター状になって

未だに跡が残っている、だから私はノミが大の苦手なのだ。

ネパールでは、今でも少しカトマンズ郊外に行くと、ヤギや鶏の厩舎と住居が同じ建物内に存在する家も

まだまだある、もっと田舎では更に家畜と人間の密接度は高い。

その為、ノミが日常的に家にいる家庭もあり、一泊すれば体中を刺されて半泣きになることも。

虫よけスプレーも気休めにしかならないことを付け加えておく。

ノミアレルギーを持っていなくても、ノミに刺されると蚊とは比較にならないぐらい痒みが強いので

日本から痒み止めを持ってくることをお勧めする。

野良犬(ガウン・コ・ククル)

この子の名前はTiger、村犬だったがとてもいい子だった

この子の名前はTiger、村犬だったがとてもいい子だった

カトマンズの街中でも郊外でも、田舎でも野良犬はそこらじゅうにいる。

特に注意したいのが、街中でいる犬よりは、村の(村犬)。

誰かが飼っている犬ではないが、村の残飯や村人が与える食べ物で村に住み着いていることが多く

村人以外の人間がテリトリー内に入ると、吠え掛かってくることが多い。

特にネパールは狂犬病発生国であり、噛まれると極めて危険である。

ご存知の通り、狂犬病が発症した場合の死亡率は限りなく100%に近い。

犬に吠え掛かられた場合は、後ろを見せずに、ゆっくりと犬のほうを見ながら後ずさりすること。

後ろを見せた場合、死角から噛みつかれる可能性がある。

そして後ずさりしながら、避難できる建物があるか、すぐ近くに犬を追い払ったり、助けてくれそうな人や人家はあるか?などを確認し、可能であれば他人の家の敷地内であっても避難することも重要。

私はスクーターに乗っている時に何度も追いかけられたことがあるが、肝が冷えた。

あまり経験したくないことの一つだ。