top of page

ネパールで痛い目にあった話

ネパールの交通事情は最悪だ。

道は穴ぼこだらけで、ちょっと気を許すと歩行者やバイク・自転車の転倒の原因になるものが沢山ある。

また、車検もあるものの日本のように細かい所まではチェックされない為、車やバイクにもドレスアップや修理した末の突起物(私が見たものでは、車のホイールから大きく飛び出たホイールナットや、修理に使った太い針金がきちんと切断されずに外装から飛び出ていたりなど)があったり、余程注意していないと、事故や怪我の原因になるものもある。

ある日、スクーターで渋滞を移動している時に信号待ちで、右足を道路について停車していると 右足の甲に物凄い激痛を覚えた。

「いっでぇぇぇぇぇ!!!!(;´Д`)!!」とは、あまりにも痛い時には、言いたくても言えないもので

「ふんぐぅうううううううううううううううう!!!(;´Д`)」としか声が出ない(笑)

痛みをなんとかこらえながら見ると、私の右足に旧型アコードセダンの左前輪タイヤが乗っている!!

痛みでまともに声が出ないので、なんとか身振り手振りで運転手の男性にどけるように伝えたものの

運転手はきょとんとして理解できていないようで、助手席に乗っていた女性が窓を開けてタイヤ部分を見て

あら?おみ足が大変なことに♪

という風な顔をしてから運転手に話しかけて、約20秒後ぐらいにやっとタイヤから解放された。

見れば、後部座席にも子供が2人乗っており、私の右足には車重だけではなく家族分の重みもしっかりと

乗っていたことになる。ガッデム。

運転手は謝るでもなく平然としており、暫くの間は右足がじんじんと焼け付くように痛かったのだが、靴を脱いで自分の足を見ても、特に骨折や捻挫の形跡は見られなかったので、それ以上運転手を責めることもなく帰路についた。

家族四人分を足して重量配分がフロントヘビーのFFセダンであったことを加味すると、私の右足にかかっていた重量は500kg以上。1800ccクラスのセダンだったからまだ良かったものの、バスやトラックや大型SUVだったら骨折していただろう。