top of page

(X-DAY)衝撃!ネパールの物価が日本に並ぶ日

インフレの激しいネパール、もはや1杯1ルピーや50パイサ(1ルピーは100パイサ)でカトマンズで、お茶(チヤ)が飲めた時代は、遠い過去のことだ。

今やカトマンズの路上の茶屋でも、味気ない使い捨てのプラスチックの容器で1杯20ルピーもする。

タメルでも1万円あれば、ひと月は小綺麗なホテルに滞在し、毎日3食レストランで食事ができた夢のような時代があった。その頃のタメルは今のように広くなく、まだローカル食堂や居酒屋があり、日干し煉瓦の建物も結構残っていた頃のことだ。

今は観光用にちらほら見かけるだけのリキシャも、庶民の日常生活の足として数多く活躍していた。夜になれば、生演奏のある小さな居酒屋からの静かなギート(音楽)が、ホテルの窓から聞こえてきたものだ。

個人的に駄菓子指数と呼んでいる、私の物価指数がある。

数年前は1ルピーで4個買えたネパール製の飴玉、それがあれよあれよという間に1ルピーで2個になり、現在では1ルピーで1個になり、物によれば、2ルピーで1個になったものもある。

特に価格を含め、私が注視している駄菓子の一つにChocofunがある。

日本の駄菓子にもクオリティでひけを取らないChocofun

(quoted from Sujal Foods Pvt. Ltd.)

日本の駄菓子にもクオリティでひけを取らないChocofun

チョコレートでコーティングされたクリーム入りのウェハースはとても美味しく、パッケージを外して日本人が食べても、ネパール製のお菓子だとは思わないだろう。ネパールでも大人気のお菓子の一つだ。

これが初めて発売された数年前は、1つ2ルピーだっ